キャンプに向けて


先日の父母会で、来年度の学童キャンプに向けた議題がありました。

来年度は…目指せ!全員キャンプ⛺

昨年度・今年度と、新型コロナウィルスの流行に伴い、何度も話し合い、アンケートを取りながら、延期と中止を繰り返してきました。

安全に気をつけながら、子どもたちに今しか出来ない経験をさせてあげたい!

キャンプ係のお父さん・お母さんが何度も話し合いを重ねてくださっています。

 

そして父母会では、キャンプを知らない家庭向けに、過去のキャンプの様子を動画にして流してくださいました。

子どもたちが楽しそうな様子がよくわかる動画でした。

来年度こそ、実施できますように。

 

 

 

 

 

新しい本です


卒所した中学生のお姉ちゃんが、学童に本を持ってきてくれました。

こんな本も…

たくさんの本との出会い、うれしいですね。

 

もうすぐ中学校を卒業するそうです。

この前まで学童っ子だったのに、時が経つのは早いです。

その後も、学童っ子とたくさん遊んでくれていました。

 

ご卒業おめでとうございます。

本、大切に使いましょうね♡

 

お手製の


子供達が思い思いの物を作っています。

普段お家ではなかなかノコギリを使ってまで、自由に工作って難しかったりしますよね。

でもペリカンでは子供達が作りたいーってなったら、指導員さんの見守りの中例えばこんな物まで⁉︎

 

高学年がみんなの為に、足踏み式の消毒噴射機を作成してくれました。初めは上手く消毒が出なかったのですが、手直しをして今では毎日大活躍しています!

凄いですね。

こちらは段ボールで作った椅子。設計図までありました。ちょっと設計図と違う気もしますが、ご愛嬌)^o^(    これもよく出来ています。段ボールでもちゃんと座れたみたいですよ。

こちらはまた新作が出来るのか?楽しみです^ – ^

 

こんな風に他の子供達が作った物を実際に使ったり、真似して作ってみたり、子供の創造力っていいなと感じる事が出来ました。

次は何が出来るかな?

 

 

 

ドッチボール大会


とある休日。寒い日でしたが良いお天気でした。ドッチボールやりたい子集まれ〜。

 


 

 

 

 

    

この日は親子対抗戦になりました。結果は2対1で親の勝ち。子ども達はめっちゃ悔しそうでした。

でもそんな中、低学年が当たったら上の子が寄り添ったりと心温まる素敵な光景もあり。。

親子で思い切り体を動かして、気持ちの良い休日になりました。コロナなんかに負けるな笑

子供達のリベンジ戦なるか?

乞うご期待(^^)

 

臨時父母会


オミクロン株が流行の一途を辿り、先週は学校の一斉下校、休校が相次ぎました。

学校が休校になると、いきいきは利用不可になります。

学校によっては早めにお迎えを要請されます。

ペリカン学童は、学校の濃厚接触者の特定が終わるまでは原則利用出来ないルールがあります。

働く私たちにとっては、死活問題です。

 

祖父母に預けたり、休暇を取って迎えに行ったり、子どもだけで留守番をさせたり…。

どの家庭も大変で、不安な気持ちでしたが、

何より子どもたちも不安でいっぱいだったことと思います。

 

テレワークをしている家族がいたり、預けられる祖父母や身内がいる家庭ばかりではありません。

どうしても難しい場合の受け皿として、学童としてどうしていくか…。

役員さん・指導員さんがたくさん考えてくださった案をもとに、みんなで考え合いました。

父母からは、みなさん本当に大変だったにも関わらず、温かい意見がたくさん出ました。

 

学童も、しばらく感染対策をより強化します。

みんなで協力しながら、この難局を乗り切りたいなと思います☺️

避難訓練


学童で避難訓練を行いました。

はじめに避難訓練をすることを伝え、避難経路と「おはしもち」を守って避難することを説明しました。

「おはしもち」とは、

お…おさない

は…はしらない

し…しゃべらない

も…もどらない

ち…ちかづかない

みんな真剣に話を聞いてくれました。

事前に防災ヘルメットをかぶる練習をする子も…。

 

そしていよいよ、地震発生!

ガタガタガタガタ…と大きな音が鳴り、あわてて防災ヘルメットを取りに行く子も…。

ほとんどの子は、すばやく机の下に頭を隠すことができました。

指導員の指示で、避難開始!

防災ヘルメットをすばやくかぶり、靴をはいてならびます。

指導員先導で、避難経路をすすみます。

頭上の看板や電柱に気をつけながら、避難します。

近所の方に微笑ましく見守っていただきながら、避難します。

小学校前に無事到着!

 

 

帰り道もならんで歩き、学童までもどりました。

 

もどってから、地震はいつ起こるか分からないこと、頭をしっかり守ること、30年以内に起こると言われている南海トラフ巨大地震についても少しふれながら話しました。

参加していただいた保護者の方からも、すごくよくがんばったね!と褒めていただきました。

まだ大きな地震は経験したことがない子どもたち。

落ち着いて行動出来るように、次もがんばろうね!

 

クリスマスイベント


待ち遠しかったクリスマス🎄

皆んなの思い入れ具合はそれぞれだけど、なんだかワクワクするイベントですね🎁

手作りのクリスマスツリーの出来映えはどうだったかな?可愛いツリーが並びました。

高学年もなんだかんだで楽しんでいました。

サンタさんとトナカイの漫談も面白かったね。

サンタさんよりも大きなトナカイさん。

ツッコミもさぞかしキレキレだった事でしょう笑笑

手作り感満載のクリスマス。

来年も楽しみです💕

 

 

12月の遊び


この日はやりたい子供達が集まって、百人一首をしました。誰が読む〜。僕読むわ〜。読むとこ間違えちゃった。と慣れないながらも百人一首を楽しむ姿が見られました。

 

また別の日には暗くなるまで公園遊び。皆んなが思い思いの遊びを楽しみました。

コマの技を披露したり(プロ級の腕前でびっくりしました笑笑)、鬼ごっこをして走り回ったり、小さな子のブランコを押してあげたり。ゲームやメディアがない場所で過ごす、子供らしい遊びが出来るこの空間っていいなーと改めて思いました。

防災用ヘルメット


学童に防災用ヘルメットを設置しました。

これまでは防災頭巾を置いていましたが、落下物から頭を守るためには、防災頭巾よりヘルメットが有効ということで、購入しました。

子どもの数+指導員さんの数、あります。

 

子どもたちは、空いたダンボールで楽しく遊んでいる様子。

 

働く私たちは日中勤務していて、地震が起こってしまい電車がとまるなどしたら、すぐに帰れないこともあります。

避難時に生命の危険を伴うのは、火災と、落下物による怪我です。

 

最近、地震が頻発しています。

南海トラフ巨大地震も、いつ起こるか分からないと言われています。

学童の子どもたちや指導員さんの安全をどう守るか?

考えていきたいな、と思います。

 

 

手芸活動


今日は、保護者の方が保育に入ってくださいました!

綿が出てきていた座布団を、補修してくださいました。

興味を示した子どもたちも、一緒に手芸タイム♡

はじめて糸と針を使った子どもたちもいましたが、すごく上手に縫えていました!

かわいいマスコットを作り、座布団に縫い付けていました。

完成☆★

上手にできました!

 

学童には色々な保護者の方がいます。

それぞれの特技を活かしながら、みんなで子どもたちを育てています。

子どもたちも、指導員だけでなく、保育に入っていただいた保護者の方からも色んなことを学べて、うれしそうでした。

 

保育に入っていただいた皆様、ありがとうございました!